リモートワークの従業員の モチベーションを維持する 社内コミュニケーションとは?

昨今の新型ウイルスの流行により、企業は突然ワークスタイルの転換を余儀なくされ、フルリモートへの文化的シフトを経験しました。

リモートワークの従業員のモチベーションを維持する社内コミュニケーションとは?
Wave background image

ニューノーマル

リモートワーク制度の導入は、企業の人財確保のためだけではありません。企業の経済的かつ戦略的なメリットにもなります。また、ビジネスのオペレーションコストを削減し、よりアジリティのあるのあるものになります。 Owl Labsによると、リモートワークをする人々の数は大幅に増加していますが、世界中の44%の企業はリモートワークを導入していません。

昨今の様々な社会情勢の変化により「ニューノーマル時代」が到来しようとしています。今後、ますますリモートワークは普及し、企業と従業員にとって重要な働き方となります。

レンタルオフィス、コワーキングスペースを展開している IWG が実施した調査によると、企業の85%が、ワークスタイルの柔軟性の向上により企業の生産性が向上したことを確認しています。さらに、Staples の2019年ワークプレイス調査によると、従業員の90%より柔軟な業務の取り決めとスケジュールを許可すると従業員の士気が高まると述べており、77%リモートワーク制度を導入すると運用コストが低下する可能性があると述べています。

このように企業は、リモートワークに様々なメリットを感じ始めており、フルリモート制度を導入するメリットは、想定されるリスクよりも遥かに多い考えられます。しかし、リモートワークを制度として導入するのも重要ですが、その際の適切なデジタルコミュニケーション戦略は今まで以上に重要になっています。特に対面でのコミュニケーションが制限されるリモートワークは、従業員が雇用主、マネージャー、同僚との心理的なつながりをより感じる必要があります。

リモートワークの従業員のモチベーションを維持する社内コミュニケーションとは?

企業はどのようにしてリモートワーカーとのつながりを維持し、不測の事態や危機的状況でも従業員に適切な情報が届くようにすれば良いのでしょうか?