社内コミュニケーション

LumAppsは、従業員同士を結び付け、情報を共有し、組織にエンゲージさせるために設計されたソーシャルコラボレーションイントラネットです。 LumApps を使用すると、組織はサイロを解消し、従業員がどこにいても団結するグローバルな企業文化を築くとともに社内コミュニケーションの合理化を実現します。

Illustration social advocacy v1.5

プラットフォームは、Google Workspace や Microsoft 365 のようなグループウェアと完全連携されているため、すべての企業コンテンツ、ビジネスアプリ、情報へのアクセスを1か所で完結できます。 LumAppsは、独自のサービスを通じてトップダウンと従業員同士の横のつながりの両方のコミュニケーションを促進し、従業員が選択した方法で調整およびコラボレーションを維持できる環境を提供します。

社内コミュニケーションのメリット

強固な社内コミュニケーションプラットフォームとそれを促進するための適切なツールにより、応答時間が短縮され、より多くの従業員が組織にエンゲージすることで生産性が向上します。 また、従業員の離職率を減らし、より知識のある労働力を生み出します。

  • 独自の企業文化を育む – 従業員に賛同する理由を与えることにより、企業文化のインパクトを高めます。これにより、従業員のエンゲージメントが向上し、コラボレーションが強化されます。
  • 生産性の向上 – 適切な情報が適切な人に適切なタイミングで届くようになると、応答時間が短縮され、ビジネス目標達成を加速します。
  • 従業員エンゲージメント -アイデア、進捗状況、成功事例をシェアすることで、従業員はお互いの成功を目撃し、ブレークスルーを共有できます。これは、従業員の会社へのエンゲージメントで、投資すべき真の推進力です。
  • リーダーシップの向上 – 強力なコミュニケーションプラットフォームにより、リーダーは従業員とより明確かつ効果的にコミュニケーションを取りながら、双方向の対話を可能にします。
  • 優秀な人財の定着 – 従業員が確実に業務にエンゲージできるようにするためには、明確なコミュニケーションの確立が重要です。 業務にエンゲージしていない従業員は、退職する可能性が高くなります。
  • 企業イメージの向上 – コミュニケーション戦略は強力な企業文化を強化し、従業員が会社のアンバサダーになることを可能にし、マーケットでの評価を高めます。

LumApps 社内コミュニケーション

LumAppsは、効果的に従業員のコミュニケーションを強化するための多数のツールと機能を提供します。

LumAppsは、企業チームがすべての社内コミュニケーションチャネルを整理および管理できるようにするため、市場に出ている他のソリューションとは異なります。宛先を絞ったトップダウンのコミュニケーションと従業員同士の横のつながりのコミュニケーションツールの組み合わせにより、LumAppsは独自の社内コミュニケーションソリューションになります。 一般的なエンタープライズソーシャルネットワークとは異なります。宛先を絞ったコンテンツと専用スペースのおかげで、従業員は社内コミュニケーションにアクセスしやすく、高い関心を持つことができます。また、 管理者はすべて簡単な権限システムで管理することがきます。

社内コミュニケーションのためのLumApps機能

 

  • カスタマイズ可能なデザイン
  • エグゼクティブコミュニケーションレビューワークフローをセットアップし、代理投稿とスケジューリングを可能にして、よりインパクトのあるエグゼクティブコミュニケーションを実現します。
  • 翻訳アシスタント– あらゆる人とコミュニケーションできるようになります。 HTML、テキスト、またはタイトルウィジェットを翻訳して、すべてのユーザーが理解できるようにします。
  • ソーシャル機能– 従業員がコミュニティで投稿、いいね、コメント、投稿をシェアできるようにします-従業員同士の対話を生成し、全員の参加を促します。
  • フレキシブルなガバナンス– 権限とアクセス許可を持つ特定のユーザーにコンテンツの作成を委任します。

lumapps-hero-newscenter

Use Cases

社内コミュニケーションのためのLumApps ユースケース

社内コミュニケーション
よくある質問 FAQ

内部コミュニケーションは機能であり、組織内の専任チームのコミュニケーションのアウトプット効率を管理します。

 

社内コミュニケーションプラットフォームは、組織のコミュニケーション部門がコミュニケーションに使用するツールとテクニックの組み合わせです。 これは、組織の特定のニーズと目標を念頭に置いて構築されており、組織のニーズとタイプに応じて異なります。

強固なコミュニケーションプラットフォームを導入することで、企業は組織全体のさまざまなタイプの従業員に関する最新の関連情報を共有できます。 つまり、従業員は社内の様々な情報を得て生産性を高く保ち、必要なときに必要なすべての情報を入手できます。

  1. ポータルサイトを利用して最も重要な情報を前面および中央で利用できるようにする
  2. すべてのコミュニケーションを通じてミッションと価値観を明確にする
  3. コミュニケーションが活発になる方法を提供する
  4. 従業員同士の対話と双方向のコミュニケーションを促進する環境を提供する
  5. 可能な限り情報の共有を奨励する