White Paper

社内コミュニケーション後編

ダウンロード前編へ

円滑な社内コミュニケーションのための黄金律

前編では、円滑な社内コミュニケーションの重要性について強調し、組織内によくある問題を診断する方法を探りました。後編では、社内コミュニケーションプロセスを改善するためのさまざまなヒントやコツを紹介します。

WP Internal Communication Part 2

円滑な社内コミュニケーションのための黄金律

まずは、以下の重要なポイントを思い出してください。

  1. コミュニケーションとは対話である
  2. 透明性が重要
  3. 理想的な問題解決ツールとして、イントラネットを利用する

より良いコミュニケーションのコツ

コミュニケーションを改善するために簡単に取り入れられる3つの方法を紹介します。まずは、組織に注目し、それから従業員やコンテンツにも目を向けます。

 

  1. 組織とつながる

  • 計画、ビジョン、戦略を練る:行動する前に、まずは計画が必要です。スケジュールは、スムーズに進行するための前提条件です。
  • 適切なツールを使い、チームを強化する:自らが選択したツールのアンバサダーとして、全従業員にそのツールを使わせる必要があります。
  • 透明性を維持する:透明性は信用の要です。会社の取り組みに従業員も巻き込んでください。従業員は、信用している人としかコミュニケーションを取らず、情報を全体に共有しようとしません。また、リーダーは、良いニュースも悪いニュースも伝える必要があります。これがリーダーに対する信頼を高め、従業員にも同様の行動を促します。
  • 風通しを良くする:従業員が管理者に話しやすい雰囲気を作ってください。これで、緊張が大幅にほぐれます。従業員がもっと自由に発言できれば、明らかにされにくい機密情報や繊細な話題にも、意見を共有しやすくなります。
  • 企業文化を共有する:従業員は、共通の目標を持つ同僚や企業との方が、つながりを感じやすい傾向があります。
  • KPI(重要業績評価指数)を測定、分析および共有する:各種メッセージの記憶率、エンゲージメントレベル、デバイス使用率などを測定してください。可能な限り、数値を測定する必要があります。
  • レスポンシブなイントラネットを使用する:大多数の現代人は、スマートフォンやタブレットから、いつでも、どこでも、コンテンツにアクセスできることを期待しているため、モビリティは必須条件です。モバイル版のイントラネットを導入すれば、ノマドワーカーやテレワーカーも含め、すべての従業員を常につなげておくことができます。
WP Internal Communication Part 2

社内コミュニケーションを改善するためにこのホワイトペーパーをご覧ください。

前編を読む

LumApps と始めよう

社内コミュニケーション改善のプロジェクトをサポートします。